発送条件

本条約のチケットは乗客の名前、フライト予約情報、チケット番号、請求単位、日付など登録手続が全部載っていること。この輸送に関する国際条約は1999年モントリオール5月28日統一した規制条約。(The Convention for the Unification of Certain Rules Relating to International Carriage by Air signed at Montreal, 28 May 1999)。

 

条約内容:

1.航空会社のサービスを提供する乗客は必ず有効なチケット、有効な旅行書類を持つ、予約を確認したこと。

2.チケットは他の人に譲渡することはできない。

3.チケットの使用制限は、チケットに掲載する

4.手荷物許容量はチケットに掲載する

5.手荷物料金はチケットに掲載する。

6. 飛行の安全性を維持するために、乗客が運送禁止されているものはICAOとIATAを定める全部の危険物。

7.乗客は手荷物それらに置く壊れやすい、重要書類や貴重品はできない。もし、手荷物に入る特殊物や貴重品は損害に受けても賠償がない。

8.乗客の手荷物が破損した場合には、到着後すぐに航空会社に通知し、遅くとも荷物の配達日から7日以内書面で補償申請を行う。手荷物遅延の場合、21日以内に書面で補償申請を行う。

9.航空会社が飛行機の特定の座席を保証することはできません、乗客は同じキャビンクラスのどの席を受け入れることに同意する。

10.事前通知をしていない同伴者のいない子供、妊婦、病人乗客に対して、航空会社はキャリッジのサービスを提供しない権利を持っています。

11.乗客は、早めにチェックインカウンターで登録手続を完成する、遅くともカウンターが終了前に登録手続きを完成する、乗客が遅刻による任意の損失は自己責任となる。

12. 乗客が出発前に、関連する旅行書類、パスポートやビザ、または関連文書や他の規定書類を準備する必要があります。もし旅行書類などが不足する場合は自己責任。

13.航空会社はタイムテーブルブックにより乗客を運ぶフライトとその荷物を追跡しようとする必要がありますが、切符や時刻表に記載されている飛行時間は運送条件の一部ではない、時間を保証するものではない。航空会社は予約の飛行時間を変更し、調整する権利を保つ。

14. 航空会社が制御できない事由が発生する場合は、無告で航空会社や飛行機モデル交換する、フライト遅延、キャンセルする権利を持つ。航空会社は乗客を他のフライトに移す、また使用していないチケットの返金以外、その他の責任の負担なし。

15.乗客が人や財産、セキュリティ上危険な行為を行う、また乗務員の指示従わない、勤務を妨げる場合、またはキャビン内他の乗客が抗議する行為がる場合は不正行為を防ぐ行動する権利を持つ。